遊戯王デュエルリンクスの攻略、情報を書いていくブログ

遊戯王デュエルリンクスブログ〜璃陽ゲームズ〜

遊戯王ルール

バトルフェイズについて勉強してみた

投稿日:2019年9月11日 / 更新日:

勉強してみたシリーズも今回で第4弾になりました!前回までの記事では「ダメージステップ」、「チェーンとスペルスピード」、「タイミングを逃す」について学んできました。自分で調べて記事を書いてるうちに、遊戯王についてよく考えることになり、デュエルで何が起こっているかが分かってきたので、今まで以上にデュエルするのが楽しくなって来ました。
前回までの内容が、自分が疑問に思ったり分からない部分を中心に調べて記事にしていたので、かなり難易度が高くなってしまいました。今回は基礎的ですが大事なところを勉強していきたいと思います。というわけで、今回は「バトルフェイズ」について学びたいと思います。

以下は、公式ルールから引用しています。

バトルフェイズの詳しいルールについて
バトルフェイズはフィールドのモンスターカードを使って戦闘を行うフェイズです。このフェイズはさらに「ステップ」に区切られており、定められた手順によって進められます。
バトルフェイズは必ず行わなければならないフェイズではありません。フィールドにモンスターがいる場合でも、プレイヤーの判断でバトルフェイズを行わずにエンドフェイズへと進めることができます。

①スタートステップ
バトルフェイズに入るための宣言を行うステップです。ターンプレイヤーはバトルフェイズに入る場合は、「バトルフェイズに入ります」と宣言しましょう。
ただし、先行プレイヤーの第1ターンだけは、ルール上バトルフェイズを行う事ができません。第2ターンの後攻プレイヤーから行うことが可能になります。
②バトルステップ
自分フィールドの表側攻撃表示モンスターの中から、攻撃させたいモンスターを1体と、攻撃目標となる相手モンスターを1体選んで攻撃宣言します。相手モンスターがいない場合は、相手プレイヤーを直接攻撃することが可能です。宣言が終了するとダメージステップに移行します。ダメージステップが終了すると再びバトルステップに戻り、上記の順を可能な限り繰り返します。ただし、攻撃は基本的にモンスター1体につき1度までです。
③ダメージステップ
ダメージ計算を行い、戦闘結果を導き出すステップです。ダメージステップが終了すると再びバトルステップに戻ります。
ダメージステップのより詳しい説明はこちら
④エンドステップ
バトルステップとダメージステップを繰り返し、攻撃させたいモンスターがいなくなったらエンドステップに入ります。「バトルフェイズを終了します」と相手に宣言し、バトルフェイズを終了します。

という内容になっています。いかがでしたでしょうか。
バトルフェイズは、4つのステップに分かれていて、バトルステップとダメージステップは終わるまで繰り返されるということが大事なところです。攻撃モンスターを1体ずつ攻撃していって攻撃可能なモンスターがいなくなったり、攻撃をやめたい時にエンドステップに移行し、バトルフェイズを終わらせるということです。

この公式ルールブックにも書いていないところでは、バトルフェイズ中には魔法・罠カードを新たにセットすることができないことに注意しましょう。デュエルリンクスでは、一旦バトルフェイズに移行してしまうとバトルが終わった後もOCGのようにメインフェイズ2はないので伏せたいカードがあってもセット出来ません。メインフェイズでどのようにカードをセットするかを十分に考えてからバトルフェイズに移行しましょう。

■重要ポイント
①バトルステップでは「巻き戻し」が起こる、ダメージステップでは「巻き戻し」が起こらない。
②なお、「巻き戻し」は、モンスターの数が変化したときに発生し、攻撃目標の再選択または攻撃の取りやめが出来る。

<† 引用サイト一覧>
[1] 新マスタールール公式ルールブックver1.0
[2] Wikipedia

ブックマークはホーム画面でどうぞ

-遊戯王ルール

error:

Copyright© 遊戯王デュエルリンクスブログ〜璃陽ゲームズ〜 , 2020 All Rights Reserved STINGER.