遊戯王デュエルリンクスの攻略、情報を書いていくブログ

遊戯王デュエルリンクスブログ〜璃陽ゲームズ〜

カード情報 遊戯王ルール 雑記

メロウガイストでウィンダを破壊されると効果が使えないのはなぜか?

投稿日:

はじめに

はいこんばんは璃陽です。最近ウィンダが入ったデッキを使っていたのですが、新しい発見がありましたので紹介します。今回紹介するカードはこちら!


イビリチュア・メロウガイスト!!!

カードテキスト

イビリチュア・メロウガイスト 水 ★4
水族/エクシーズ/効果
ATK2100/DEF1600
レベル4モンスター×2
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、そのダメージ計算後にこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。破壊したそのモンスターを墓地へ送らず持ち主のデッキに戻す。

このカードは、第31弾シャークファングのRカードです。レアリティの割には強力な効果を持っているので是非手に入れておきたいエクシーズモンスターになります。
気になる効果はというと、戦闘で相手モンスターを破壊した場合にダメージ計算後に墓地へ送らずデッキに戻すという効果になっています。戦闘で破壊しなければいけないので相手の伏せカードには注意が必要ですが、墓地に送られた時に発動するような効果モンスターを軒並み無効化できるのが強い点になります。

精霊獣使いウィンダ

no-img2

なるほど、破壊した場合に、墓地に送らずに、デッキに戻すのか。
あれれー、でも昨日ウィンダが戦闘破壊された時に効果発動出来なかったのはなんでだろう?

精霊獣使いウィンダは以下のようなカードテキストを持ちます。

このカードが相手によって破壊された場合に発動できる。デッキまたはエクストラデッキから「霊獣」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

破壊された場合に発動できる効果。墓地に送られた云々の記載はない。破壊されるだけで発動できるはず?

でも思い返してみると、ダメージステップは5つに分けられていると以前勉強しました。

①ダメージステップ開始時
②ダメージ計算前・・・モンスターのリバース
③ダメージ計算時・・・ライフポイントの決定や破壊の決定
④ダメージ計算後・・・リバース効果の処理
⑤ダメージステップ終了時・・・破壊の処理

となってますので、③ダメージ計算時に破壊の決定が行われ、今回のメロウガイストは④ダメージ計算後にデッキに戻すとテキストにあります。そして破壊の確定処理を行うのは⑤ダメージステップ終了時です。つまり、破壊の決定はされたが、破壊の処理は行われる前にデッキに戻ってしまうからウィンダの効果を発動できないということだと思います。

たぶんです。

エア・サーキュレーターの裁定

色々調べてたら今回のケースと似ている記載を発見しました。

エア・サーキュレーターは破壊された場合に発動する効果を持つモンスター。つまり効果の発動条件としてはウィンダと同条件のモンスターがイビリチュア・メロウガイストに戦闘破壊されたときの裁定です。

2011年の裁定では効果を発動できると書いてあるけれども、1年後の2012年の裁定では効果を発動できない裁定に変更されているんですね。

Q:《エア・サーキュレーター》等を戦闘破壊しデッキに戻した場合、《エア・サーキュレーター》の効果は発動しますか? また、どこで発動する効果になりますか?
A:破壊扱いのため、《エア・サーキュレーター》の効果は発動できます。どこで発動する効果かは調整中(11/05/01)

Q:《エア・サーキュレーター》等を戦闘破壊しデッキに戻した場合、《エア・サーキュレーター》の効果は発動しますか?
A:《エア・サーキュレーター》の効果は発動できません。(12/07/18)

裁定が180°変わっていて面白いです。

おわりに

no-img2

複雑だからしょうがないね!
メロウガイストにデッキに戻された場合は、破壊をトリガーに発動する効果は使えないと覚えておきましょう!

-END-

ブックマークはホーム画面でどうぞ
最新の環境デッキリスト公開中!!

-カード情報, 遊戯王ルール, 雑記

error:

Copyright© 遊戯王デュエルリンクスブログ〜璃陽ゲームズ〜 , 2021 All Rights Reserved STINGER.